鉢植え苗のお手入れ参考

みなさん見覚えのある鉢だと思いますが、参考程度にお手入れの方法を書いてみました。

苗は、当園(現地)のみで販売しています。(通販はしていません)

    

上の写真は当園で販売している苗の一例です。

左は小さなポット苗、真ん中は実付の中苗、右は大鉢の苗(成木)です。

実が付いているいるので、それを差し引くと 相当お買い得な設定になっています。、

 

本園で購入された苗は、本年は水やりだけで育ててください。

(根張りを良くするため、ピートモス・有機肥料等混入の土に植えてあります。)

 

      

上の写真は次年の剪定前のものです(1〜2月頃) 下は剪定した枝・剪定後です。

3月になったら、ピートモス(最低20L以上50L位)+油粕等を地植えの土と良くまぜて

地植えにしてください。上記はあくまでプロ仕様の育て方です、(私の場合1本だけ残して

すべて切ります・枯れることもあります) このまま鉢植えで育てる場合

ここまで切る必要はありませんが、基本的なことは、1〜2年は実を付けずに

とにかく木を育てることに専念してください。その場合、鉢のまわりの土を少しとって

ピートモスと油粕等を混ぜ込んでください。

 

地植えにしても鉢植えにしても今の時期花芽が必ずあります。

(丸く膨らんだ芽です、とがった細い芽は枝葉になります)

花芽は必ず切り取って下さい。もったいないと思って付けておくと木は育ちません。

この作業は2月中に終わらせてください。

木が大きくなることを信じて頑張ってください。

 

      

上の写真は5月中旬ごろのものです。土を変えずに追肥だけしました。

2本の枝を残しただけですが、今は枝が広がり結構大きくなりました。

地植えしたかたは、この1.5倍〜2倍位は成長していると思います

この木は鉢植えで育てていますが、秋〜冬に一回り大きな鉢に植え替えます

鉢のまま育てていきたい方は、来年は、実を付けても大丈夫だと思います

(木の成長は遅くなりますけど)地植えの方はもう1年我慢して実を付けないで

ください。すると立派な木になります。(苗を購入してから3〜4年後の春に実を付ける)

 

     

 

上の写真は秋に大鉢に植え替えた、翌春の木です。花芽もたくさん付いていて

実もたくさん付きそうです。そして、下が実が色づいた状態です見てください。

   

ここまで育てば毎年実を付けてもよいでしょう。

鉢のまま育てる場合は、冬季に鉢から木をひきぬき、少し根切りをして

ピートモス・有機肥料を与えてください。

 

剪定の参考・・・毎年、1〜3月に剪定をします

剪定の方法を質問されることが最近多いので、参考程度に書いてみました

切る場所を、赤い線で印をつけてみました。わたしなりの切り方です けど?      

 

        

 

切り取った枝です。混んでいる所はけっこう太い枝も切り取ることもあります。        

 

 

 

剪定後です、赤い円の中を中心に見てもらえるとよいと思います。

大きい円の中はもっと風通しが良くなるくらい切っても良いと 思います。

・・・けっこうばっさり切っても実はつきますよ、しかも 大粒になります

、みなさん参考にしてみてください。

 

 

 

剪定後は、有機肥料系の肥料を与えてください。